ホルムアルデヒド

建築資材・壁紙に用いられる、合成樹脂や接着剤に含まれています。また、合板を貼りあわせるために大量に使用されています。防菌・防虫剤・防腐剤としてよく使われており、特徴として以下のものが挙げられます。 •刺激臭のある無色の気体である •水に溶けやすく、ホルムアルデヒドを溶かした水溶液はホルマリンと呼ばれる、ホルマリンは、消毒剤や防腐剤などによく使われている •空気や水蒸気を介して他のものに移りやすい、この性質は移染と呼ばれている このホルムアルデヒドは、接着剤、塗料などから少しずつ放散されています。この拡散したホルムアルデヒドを吸い込むと、目や鼻、気管などの粘膜に刺激を与え、濃度が濃いと呼吸困難に陥る場合があります。

▲このページのトップに戻る