予算オーバーしないためのポイント

注文住宅は、間取りや設備などすべて住み手側が自由に決められるというのが最大のメリットです。
しかし、注文住宅でよくある失敗が、「当初の予算をオーバーしてしまった」というものです。
ここでは、そんな失敗をしないためのポイントをいくつかご紹介させていただきます。

明確な総予算を決めておきましょう

まずは、家づくりにどれくらいの金額をかけられるのかという基準がなければ、細かな計画を立てることはできません。住宅ローンの借入可能金額と自己資金として用意できる金額を計算しておきましょう。
住宅の建設には、本体工事費の他に照明器具工事やカーテン工事、カーポートなどのエクステリア工事、排水をつなぐための屋外設備工事などの諸経費が発生します。費用総額の7割程度を本体工事費と考え、間取りや設備などの細かな計画を立てると良いでしょう。

設備や各所の仕様のグレードでコストを調整しましょう

注文住宅は、建設資材や設備も自由に選ぶことができるので、不要な設備を省いて壁や床の素材一つでコスト調整が可能です。例えば、壁を一つ省くだけでも材料費や人件費が削減できます。他にも、バス・トイレ・キッチンなどの水まわり空間を近場に配置することで、給排水管の長さを短くでき余分なコストをかけずに済みます。また、バス・トイレ・キッチンは設備内容によっても価格差が大きいので、不要な設備は省くなどして調整しましょう。

建設予定地に近い企業を選びましょう

建設予定地と依頼先から離れている場合は、その分時間も交通費もかかってしまいますので工事費に遠隔手当てが加算されてしまいます。アフターサービスのことも考えて依頼先を選ぶことをおすすめします。

 

このように注文住宅だからこそ、こだわるところと不要なところに、メリハリをつけるだけでコストを抑えることができます。
愛知県安城市や苅谷、知立、岡崎、西尾などの西三河全域で自然素材注文住宅や、ハイブリッドソーラーハウスをお考えの方は「カーサDeソレイユ」にお任せください。また屋根や、外壁のリフォームも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら・・・

お気軽にご相談ください
0566-68-7578

受付時間 : 8:00〜20:00

お問い合わせはこちら
▲このページのトップに戻る